拡大する写真・図版フランスのパリで1月15日、駅のプラットホームを歩く通勤者たち=ロイター。マスク姿の人は見当たらない

[PR]

 新型コロナウイルスの流行で、何かと話題に上るマスク。タイでは「マスクをしない西洋人はタイから出て行け」と保健相が暴言を吐き、後に謝罪。注目を集めました。確かに、欧米ではマスク姿の人を見かけないという話をよく耳にします。なぜ欧米人は街中でマスクを着ける習慣がないのでしょうか。どうやら、単純なマスクに対するイメージの違いだけでなく、コミュニケーションで「顔のどこを重視するか」という文化的な違いも影響しているようです。

 そもそも欧米では、本当に普段マスクを着けないものなのでしょうか。

 アメリカやヨーロッパに住んでいた同僚たちに聞いても、「そういえば街中でマスク姿の人はほぼ見ない」。「マスク=重病」という警戒の目で見られるという声もありました。

 「マスクの品格」の著もあり、マスクに詳しい聖路加国際大学公衆衛生大学院の大西一成准教授も、白い目で見られた経験の持ち主です。アメリカやオランダなどを訪れた際、「けが人の救護をしているわけでもないのになんでマスクを着けているの?」「なぜ街で着けているの?」とたびたび不思議そうに聞かれたと言います。

 「きっとマスクは病院や解体作…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら