[PR]

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区=が2年前に覚醒剤などを所持したとされる事件で、警視庁が当時、槇原容疑者宅で発見した吸引用のパイプに同容疑者の唾液(だえき)と微量の覚醒剤が付着していたことが15日、捜査関係者への取材でわかった。

 槇原容疑者は調べに対し、薬物の所持については大筋で容疑を認めているという。一方、使用に関しては「長いこと薬はやっていません」などと説明。逮捕後の簡易鑑定の結果は陰性で、同庁は本鑑定を進めるなどして慎重に調べている。

 捜査関係者によると、同庁は2…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら