[PR]

 フランスのビュザン保健相は15日、新型コロナウイルスによる肺炎を発症し、パリ市内の病院に入院していた中国人観光客の男性(80)が死亡したと発表した。アジア以外で、新型肺炎による死者が確認されたのは初めて。

 男性は感染が拡大している中国湖北省出身で、1月16日にフランスに入国。25日から病院で隔離されていた。男性の娘も感染して同じ病院で隔離されていたが、近く退院できる見通しだという。

 フランスでは14日、中国の武漢市から仏政府が飛行機で退避させた181人の自国民らが、2週間の隔離期間を終えて解放された。南仏の保養施設に個室で隔てられて滞在し、新たな感染者は確認されていないという。(パリ=疋田多揚)