[PR]

 愛知県岡崎市滝町の滝山寺(たきさんじ)で15日、鎌倉時代から伝わる「滝山寺鬼まつり」があった。天下泰平や五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事で、天下の奇祭といわれる。

 最高潮となる火まつりには、祖父、祖母、孫の面をかぶった鬼が登場。燃えさかる大たいまつを持った男たちと国重要文化財「滝山寺本堂」の回廊を巡り、本堂全体が炎に包まれるかのように闇に浮かび上がった。(戸村登)