[PR]

 新型コロナウイルスについて、加藤勝信厚生労働相は15日記者会見を開き、「最初(の感染)がどこなのか分からない事例が発生している。状況は変わってきていると認識しないといけない」と話した。感染経路をたどれない感染例が相次いでいるとの見方を初めて示した。

 専門家は、市中に感染が広がっている前提で対策をとっていく必要性を強調する。

 東京医科大の濱田篤郎教授(渡航医学)は「感染経路をたどれない事例が国内で散発しているのは憂慮すべき事態。ただし、過敏になりすぎることなく、できうる対策を取ることが求められる」と話す。

 感染症に詳しい川崎医大の中野貴司教授は、タクシー運転手の感染が明らかになったことについて「タクシーに乗るか乗らないか、といった選択には、もはや意味はない」。冷静に普段の感染症に対する予防を徹底し、症状が疑われれば周囲に感染させないように心がけることが大切という。

 中野さんは「予防の基本は、通…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら