福井)中池見湿地の保全考えよう 街頭アンケートを実施

有料会員記事

八百板一平
[PR]

 ラムサール条約に登録されている中池見湿地(福井県敦賀市)の保全や活用を考えるきっかけにしようと、市民グループ「中池見愛好会」が15日、JR敦賀駅直結の交流施設オルパークで、湿地と駐車場を結ぶスロープカーの存廃などについてのアンケートを実施した。結果は今後、市議会に届けるという。

 スロープカーは、湿地を訪れる高齢者や親子連れらが利用してきた。だが、湿地の保全などに充ててきた基金が枯渇する見通しになり、市は4月から運行を休止する方針だ。

 愛好会は、湿地に親しんできた子育て中の母親らを中心に2月に発足。市民の声を集めようと、インターネットなどを使ってアンケートに取り組んできた。この日はメンバーが、駅の利用者に協力を呼びかけた。

 会にはこれまでに、「スロー…

この記事は有料会員記事です。残り201文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら