[PR]

 愛知県津島市の今年度のふるさと納税の寄付額が、昨年12月末時点で前年度の2・2倍、過去最高の1億7814万円になった。返礼品で人気を集めているのがオーダースーツの仕立券。国が高額返礼品で多額の寄付を集めていた自治体を制度の対象外にしたことで、新たな寄付の受け皿になったことなどが理由とみられている。

 昨年12月末時の今年度の寄付件数は4002件。2018年度は1年間で1913件、金額は7944万円だった。返礼品としてトマトや甘酒などを用意している津島市で、人気を集めているのがオーダースーツの仕立券だ。12月末時で1億1400万円と今年度の寄付額の大半を占める。

 仕立てる服の生地は、津島市内の毛織物業者が作っている。津島市へ寄付した人は送られてきた仕立券を指定の専門店へ持参し、スーツを作る。フォーマル、レディースなど10種類のコースがあり、寄付額は13万~33万円。30万円寄付をすると9万円の仕立券がもらえる。

 市によると、オーダースーツを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら