[PR]

 梅の名所として知られる甲府市酒折3丁目の不老園で紅白の梅が早くも見頃を迎え、土曜日の15日は多くの観光客でにぎわった。

 富士山や南アルプスの山々を望む高台に約30種類、2千本の梅が植えられている。「暖かい日が続き、例年より2週間ほど早く咲き始めた」という。早咲きの「冬至梅」や「寒紅梅」は見たところ七、八分咲き。ピンク色のしだれ梅もきれいに咲いている。

 15日は薄日が差し、ウグイスのさえずりも聞こえてきた。東京都八王子市の荒川誉之(たかゆき)さん(33)、麻侑子さん(31)、こはるさん(3)の3人家族は甲府市内でイチゴ狩りを楽しんだ後に立ち寄った。「まだ早いかと思ったけれど、きれいに咲いていた。来てよかった」と笑顔で話した。

 3月下旬まで開園しているが「お早めに」と同園。JR酒折駅から徒歩7分。駐車場もある。大人500円、小学生200円。(吉沢龍彦)