[PR]

 トヨタ自動車は15日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で操業を停止している中国国内の四つの完成車工場のうち、3工場を17日以降に再開することを明らかにした。

 広東省広州市、吉林省長春市の各工場を17日、天津市の工場を18日に再開する。いずれも当面は生産台数を半分程度に抑える。四川省成都市の工場は24日以降の再開を目指す。トヨタは「各地方政府の方針に従い、社員と関係者の安心・安全を第一優先に考えた」と理由を説明している。

 当初は春節明けの2月3、4日から再開する予定だったが、全ての工場を停止。10日の再開を見送った後、17日以降に再開できるかどうか見極めていた。4工場の2019年の年間生産台数は約140万台。稼働停止が続く成都の工場の生産能力は年5万台。(千葉卓朗)