[PR]

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が2年前に当時の自宅で覚醒剤と危険ドラッグのラッシュを所持したとされる事件で、東京都渋谷区の現在の自宅でもガラス製のパイプやラッシュとみられる薬物が見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、槇原容疑者とともに同居する知人男性からも事情を聴いており、パイプが覚醒剤の吸引に使われていなかったかどうかについても慎重に調べている。

 槇原容疑者は2018年4月に東京都港区の当時の自宅で覚醒剤約0・083グラムを、同3月にラッシュ約64・2ミリリットルを所持した疑いで今月13日に逮捕された。容疑を大筋で認めているという。逮捕の際、警視庁は現在の自宅や事務所を捜索していた。パイプは一部が欠けていたという。