[PR]

 大分県国東市と市商工会、国東高校双国校が、国東の魅力を伝えようと、「あおり運転」の防止を呼びかけるステッカーなど3商品を開発した。昨年度から3者で取り組む「地域ソーセイPROJECT/官商学連携事業」の一環。地元からのヒット商品誕生への期待も高まっている。

 ステッカーは車の窓に貼るもので、カー用品店大手「オートバックスセブン」(東京)と共同開発。イラストは同校の生徒たちが描いた。県地図の形をした人形が「あおるなえ~」と大分弁で呼びかけ、どこか温かさを感じさせる。「国東半島でのドライブを快適に楽しくして」との願いを込めた。

 同校の生徒9人が、同市立竹田津小学校の児童らと考案したのが「鬼おんちっぷす 最強ピンク」。オニオンチップスの梅カツオ味にイチゴの風味を付けた。味付けの評価が分かれたため、昨年11月の地元であったお祭りで販売し、好評だったものを採用した。

 もう一つは、地元の祭りを紹介…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら