[PR]

 カーリングの第37回日本選手権は16日、軽井沢アイスパークで男女の決勝が行われ、女子は平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレが2連覇を狙った中部電力を延長の末、7―6で下し、4季ぶりの優勝を果たした。男子はコンサドーレがTM軽井沢を6―4で破り、2連覇。日本が2022年北京五輪の代表枠を獲得していた場合、今回の男女の優勝チームが来季の日本選手権も制すと代表権を獲得できる。

抱き合って涙

 女子決勝の激戦を制したロコ・ソラーレの4人は抱き合って涙を流した。

 終盤、スキップの藤沢が見せた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く