[PR]

聖火がまちに 群馬

 群馬県南東部の大泉町は住民約4万2千人の約2割を外国人が占める。電機や自動車の製造拠点が立地し、1990年の出入国管理法改正による就労拡大で日系人が急増。今年の町の新成人は外国人が28%を占め、多文化共生への取り組みで全国の注目が集まる。

 聖火ランナーに選ばれた野口ブルーナさん(21)は町役場で通訳を務める日系ブラジル人だ。4歳で家族と来日した。小学5年で始めたバスケットボールでは中学2年で日本代表、高校時代は全国大会にも出場した。「親に代わって送迎してもらったり、けがをした時は励ましてもらったり。困った時に手を差し伸べてくれる人が、私の周りにいつもいた」と振り返る。

 来日後ブラジルに戻ったことは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも