[PR]

 安倍晋三首相は17日午前の衆院予算委員会の冒頭、野党議員に「意味のない質問だよ」とヤジを飛ばした問題について、「不規則な発言をしたことをおわびします」と謝罪した。再三問題になってきた閣僚席からの自身のヤジについても「厳に慎むよう、総理大臣として身を処してまいります」と釈明した。

 問題となったのは、12日の同委で立憲民主党の辻元清美氏の質問終了後に同氏に向けられたヤジ。首相は続く野党議員の質問に、自らのヤジであることを認め、「私に言わせれば、質問ではなく罵詈(ばり)雑言の連続。反論の機会は与えられずに(質問を)終えられた。こんなやりとりでは無意味、と申し上げた」と正当性を主張していた。

 野党は「国会軽視だ」と強く反発。与党からもヤジに対し苦言が出ていた。