[PR]

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で利用者19人を殺害し、職員を含む26人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われた元職員植松聖(さとし)被告(30)の論告求刑公判が17日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で始まった。検察側は「単独犯として類を見ない極めて重大な事件。遺族の処罰感情も峻烈(しゅんれつ)だ」などと述べ、死刑を求刑した。

 検察側は「事件は障害者、家族、施設職員に大きな不安を与えた。このような犯罪は許されないと社会に毅然(きぜん)と示す必要がある」と主張した。

 論告に先立って、殺害された美帆さん(当時19)の母親が心情を読み上げ、「極刑でも軽いと思う。どんな刑があなたに与えられても私は、あなたを絶対に許さない。許せません。私の一番大事で大切な娘、美帆を返して下さい」と訴えた。

 弁護側は事実関係を争っておらず、刑事責任能力の有無と程度が争点になっている。弁護側は心神喪失で無罪か、心神耗弱で減刑となるべきだと主張している。

 これまでの公判で、起訴後に地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら