[PR]

 厳冬期を迎えた北アルプス穂高連峰の山小屋「西穂山荘」(2367メートル)は、週末になると雪見酒を楽しむ登山者でにぎわう。信州の地酒やワイン、おでんやもつ煮など居酒屋並みのメニューがそろう。窓越しには霞沢岳や八ケ岳などの雪景色を望むことができ、初対面同士でも山の安全を考える交流の場となっている。

 西穂山荘は、西穂高岳(2909メートル)に連なる長野・岐阜県境の高山帯にある。北アルプスの主稜線(りょうせん)上にある山小屋では唯一、通年営業をしている。岐阜県側の新穂高ロープウェイを利用すれば、冬でも雪の積もった樹林帯を約1時間半登ればたどり着ける。ただし、ピッケルやアイゼンなど冬山装備は必須だ。

 雪見酒が楽しめるのは、山荘別…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら