[PR]

 「くたばっちまえ!」。中指を突き立てて叫んだ。地面に落ちていた石を拾い上げ、思いっきり投げつけた。昨年10月21日、イラク北部のクルド人自治区。パソコン修理店を営むマスード・オスマンさん(28)の映った動画が、SNSで一気に拡散した。

 マスードさんが友人とともに狙ったのは、星条旗を掲げて幹線道路を走る装甲車。隣国シリアからイラクに入った米軍の車列だ。

 過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いのためシリア北部に軍を駐留させていた米国はその2週間ほど前、撤退を表明した。すると、この地域のクルド人勢力を「テロ組織」と敵視するトルコが越境攻撃を開始。約20万人が家を追われ、多くの難民がイラク側のクルド人自治区にも逃れてきた。対IS戦で米軍の代わりに地上戦を担い、多くの犠牲者を出した両国のクルド人は「米国の裏切り」と受け止めた。

 自動小銃AK47を手に取り、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く