[PR]

 Y字路――。台湾で親しまれてきた風景にスポットを当てた本が出版された。「台湾をより深く知るきっかけに」との思いを込め、何げない風景に詰まった歴史をひもといている。

 表通りから少し離れ、ひっそりとしたY字路や、木々が生い茂る緑豊かなY字路。「時をかける台湾Y字路」(ヘウレーカ)は台北市を中心に47カ所、イラストや写真を交えて紹介。台湾ではY字路を「三角窓(サガタン)」と呼び、古くから親しまれてきた。雑多な景観の中、各地に見られるという。

 執筆したのは山口市出身で台北市在住の栖来(すみき)ひかりさん(44)。高校まで山口で過ごし、京都の大学で美術を専攻。結婚を機に2006年に台湾に移り住み、ライターとして活動する。

 Y字路に興味をもったのは、台…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く