東京マラソン一般参加者枠取りやめ 参加料は返金応ぜず

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月1日開催の東京マラソンについて、主催する財団は17日、一般参加者枠を全面的に取りやめると発表した。ウイルスの感染経路が不明なケースも出ていることなどから、「多くの一般ランナーが参加する大会の実施は困難」と判断した。

 参加を予定していた人たちには、来年の大会への出場権を優先的に与えるという。ただし、規約に基づき参加料約1万6千円の返金には応じず、来年には、改めて参加料を支払う必要があるという。

 東京マラソンは国内最大規模…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら