やりをトーチに持ちかえて 聖火、古式泳法で川を渡る

有料会員記事

中沢絢乃
[PR]

聖火がまちに 大分

 豊後水道を挟んで四国と向かい合う大分県臼杵市には、国内に13ある古式泳法の一つ「山内流」が伝わる。継承する臼杵山内流游泳クラブ副会長の西水克己さん(64)は、五輪の聖火リレーで、トーチを手に幅約60メートルの臼杵川を泳いで渡る。

 「こんなチャンスをもらえて本当にうれしい。山内流を全国の方に知ってもらえたらありがたい」

 山内流は立ち泳ぎをしながらやりを持ち、矢を射る水軍の武術。泳ぎながら筆で紙に文字を書く「水書」と呼ばれる技もある。江戸時代後期、対岸の伊予松山藩士・山内久馬(きゅうま)勝重(かつしげ)によって伝えられたという。旧臼杵町は明治時代から教え方の細目を定めたり、経費補助をしたりして主体的に関わってきた。

 西水さんは小学5年の夏に山…

この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら