[PR]

聖火がまちに 鹿児島

 鹿児島県で聖火ランナーに選ばれた志布志市の看護師、安川明美さん(51)は乳がんと闘うランナー。小学生だった一人息子の元気さん(19)と一緒に始め、マイペースで走ってきた。

 2016年8月、乳がんと診断された。高校の駅伝部だった元気さんが国体に出場する2カ月前だった。自宅で一人泣いた。寮生活を送る元気さんには告げず、摘出手術を受けた。

 その年の秋、別の大会で走り終えたばかりの元気さんに、乳がんだと伝えた。泣き崩れた元気さんから、後でスマホにメッセージが届いた。

 「お母さんも絶対無理しないで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

こんなニュースも