[PR]

 厚生労働省は17日、横浜港に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で、新たに99人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。うち43人が日本人で、70人は症状がないという。これで延べ1723人を検査し、感染者は454人になった。

 厚労省によると、重症者は前日よりも1人増えて20人。いずれも60代以上で日本人11人、外国籍9人。このうち1人は感染は確認されていないという。

 また、17日正午時点で、乗員乗客約3700人のうち、入院や患者らへの付き添いで501人、政府が用意した宿泊施設に入るために27人が下船し、3183人は船内に残っているという。