[PR]

 大津市の滋賀県道交差点で昨年5月、右折車と直進車が衝突し、巻き添えで保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの罪に問われた無職新立(しんたて)文子被告(53)の判決が17日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は「過失の程度、事故の結果は極めて重大だ」と述べ、禁錮4年6カ月(求刑禁錮5年6カ月)を言い渡した。

 「本当に申し訳ありませんでした」。この日、判決に先立つ被告人質問。事故被害者の家族に向け、新立被告は声を詰まらせて謝罪した。判決の読み上げ後、大西裁判長から「自らが起こした事故や被害者の悲しみに真摯(しんし)に向き合って下さい」と語りかけられ、小さくうなずいた。

 一方、被害者の家族らは判決を聞くと、うつむいたり、みけんにしわを寄せたりして、厳しい表情を見せた。被害者側弁護団が判決後に会見し、禁錮4年6カ月の判決に「短い」と不満を示す家族らのコメントを読み上げた。大野聡子弁護士は「検察に控訴をお願いするかどうか、家族らと話し合う」と述べた。

 ある家族はこうコメントした。「歩行者が優先される歩道でも車の脅威にさらされるなら外を歩くことすらできない。ドライバーの一瞬のミスが交通事故の原因になるが、『仕方ない』では誰も納得できない」(安藤仙一朗、北川サイラ)