さよなら人間…職場いじめ、市嘱託職員の最期のつぶやき

有料記事

大野晴香、佐藤英彬、保坂知晃
[PR]

 「さよなら人間」「このまま消えたい」「もう自分が好きになれそうにない」――。上司のいじめが原因でうつ病を発症し、名古屋市交通局の男性(当時32)が自殺した。男性は命を絶つ2日前までの約9カ月、職場でのいじめの苦しみをツイッターに吐露していた。

 男性の遺族が市に約9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、名古屋地裁であった。井上泰人裁判長は、市に安全配慮義務違反があったと認め、約7300万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2013年4月に嘱託職員として交通局に採用され、地下鉄の車両整備をする部署に配属された。2年後の15年4月、市内で自殺した。

 「なにもかも捨てたい願望ばかりがあふれてくる。辛(つら)い。逃げたい」

 男性は亡くなる2日前の4月…

この記事は有料記事です。残り1224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!