[PR]

 上履きや体操服にリコーダー……。ランドセルに入りきらない学用品を抱えた子どもたちの登下校を少しでも楽にしようと、北九州市門司区で学童クラブを運営する「レリーフ合同会社」がランドセルに着け外しができる収納バッグ「ランドるん♪」を開発した。児童らにも好評という。

 「荷物が重くて、手が痛いんよ」。門司区で「学童クラブすだち」を15年ほど運営している同社代表の中谷淳さん(42)は、児童たちの訴えをたびたび耳にしてきた。

 近くの小学校に通う児童たちは、金曜日になると学校に置いてある教科書をすべて持ち帰るように指導を受けているといい、ランドセルはいっぱいになる。そこに給食に使うランチョンマットを収めた袋なども加わる。二つ、三つと小さな袋をランドセルに結びつけたり、両手に荷物を持ったり。雨が降ると、傘をさすのに苦労する子もいる。

 「子どもたちの手を自由にして、安全に通学できるようにしてあげたい」。中谷さんはそう思い、ランドセルに着脱できる収納バッグを作ろうと考えた。

 物がたくさん入れられて、物を入れていないときはコンパクトに畳んでランドセルにしまえること。着け外しも簡単にできること……。子どもたちの意見を聞き、イメージを固めていった。

 商品開発を支援する東京の会社の手を借り、昨年6月ごろから製品づくりに取りかかった。ランドセルは商品ごとにサイズが異なるため、出来るだけ多くのランドセルで使えるようにと大きさの調整に苦労した。

 試作を重ね、撥水(はっすい)性がある柔らかな素材で、三つのポケットを備えたバッグを完成させた。これを、ランドセルのカバー側と二つの側面を覆うように取りつける。着脱部分にはゴムバンドと面ファスナーを用いて、低学年の子どもでも扱いやすいようにした。

 学童クラブを利用する約180…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く