【動画】高松市で最大瞬間風速20・6メートルを記録した=平岡春人、江湖良二撮影
[PR]

 香川県内は16日夕から17日にかけ、強風に見舞われた。17日には、高松市で最大瞬間風速20・6メートルを記録。県全域に強風注意報が発令され、交通機関や観光地に影響があった。

 高松地方気象台によると、17日夕方までに東かがわ市で最大瞬間風速18・9メートル、多度津町で18・0メートルを観測。四国の上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まったことが原因という。

 JR四国は、瀬戸大橋上の風速が秒速25メートルの規制値を超えたため、16日夜に断続的に列車を運休させた。17日も午前10時ごろから午後3時過ぎまで、瀬戸大橋を通る特急列車や快速マリンライナーが運休。両日で約8800人に影響があった。高松港を発着するフェリーも一部が欠航した。

 アートイベントを開催中の栗林…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら