[PR]

 横浜市立大学付属の2病院について、市は17日、新たな土地で1病院に統合する方針を市議会に示した。移転先として、将来返還が見込まれる米軍根岸住宅地区(中、南、磯子区)を候補地に挙げた。

 2病院は市大付属病院(金沢区、674床)と市大付属市民総合医療センター(南区、726床)。いずれも築約30年で老朽化が進み、施設も手狭であるほか、診療圏や設備投資の重複が課題となっている。

 市によると、2病院で計1400ある病床は「1千床程度を基本」に見直す。2病院が担う高度急性期医療、急性期医療の需要が将来減ることを踏まえた。診療、教育、研究という2病院の機能は引き継ぐ。

 市は、長期休業の難しさや敷地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら