[PR]

 和歌山県は17日、県内で新たに男女4人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち1人は済生会有田病院(湯浅町)の周辺自治体居住だが、直近での同病院受診歴はなかった。同病院との接点が不明の感染者が見つかったのは初めて。県内での感染者は計9人になった。県は引き続き病院内や感染が疑われる肺炎患者らの検査を進めていく考え。

 新たに感染が判明したのは、湯浅保健所管内(有田市と有田郡3町)に住む無職男性(50代)と、すでに感染が確認されている外科入院の男性(60代)の母(80代)、妻(50代)、弟(50代)。新たに感染がわかった男性2人の病状は安定していて、母と妻の症状はきわめて軽いという。

 50代の無職男性は2月7日に発熱し、複数の医療機関を受診したが、済生会有田病院は受診していなかった。県は男性の立ち回り先などを調べるとともに感染ルートの解明を急いでいる。会見で仁坂吉伸知事は「いろんなところに保菌者がいるような『市中感染』になっているのとは違う」という見方を示しつつ、「そうなることを恐れている」と述べた。

 13日からの4日間で計97人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら