[PR]

 17日午後7時半ごろ、静岡県菊川市赤土の住宅街で同所に住むブラジル国籍の派遣社員デ・ソウザ・マルコスさん(44)と妻のタカハシ・デ・ソウザ・クリスチャーニ・マリーさん(43)が男に刃物で刺された。マルコスさんは搬送先の病院で死亡が確認され、マリーさんも腕に軽傷を負った。静岡県警は殺人事件と断定し、菊川署に捜査本部を設置した。

 調べによると、マルコスさんは帰宅時に自宅前で刺されたとみられ、上半身に複数の刺し傷があったという。物音を聞いて外に出たマリーさんは、マルコスさんともみ合う男を止めに入った際、切りつけられたという。

 男は覆面のようなものをかぶり、上下黒っぽい服装だったという。夫婦の周辺に目立ったトラブルはなく、マリーさんは、男と面識がないと話しているという。