[PR]

 18日午前8時15分ごろ、大阪市中央区の大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅で、上り列車の運転士から、「駅のホームで焦げ臭いにおいがしている」と輸送指令所に連絡があった。大阪市消防局などが調べた結果、焦げた跡などは見つからなかった。御堂筋線全線と北大阪急行は約2時間にわたり、運転を見合わせた。通勤ラッシュの時間帯とも重なり、約21万4千人に影響が出た。

 御堂筋線の梅田駅などでは運転再開まで改札を中止し、駅員が利用客の対応に追われた。ターミナルは別の路線に乗り換えようとする通勤客らで一時いっぱいになった。