[PR]

 「桜を見る会」前夜の夕食会が焦点となった17日の衆院予算委員会で、野党は夕食会が行われたホテルの公式回答をもとに、安倍晋三首相のこれまでの答弁との食い違いを追及した。「主催者に見積書や請求明細書を発行する」とのホテル側の見解に首相は、「(野党議員へのホテルの回答は)あくまで一般論で答え、個別案件は営業の秘密に関わるため回答には含まれていないとのことだ。明細書等の発行は受けていない」と反論。ところが、同日夜に報道機関に回答を寄せたホテル側は、首相のこの答弁を真っ向から否定した。首相の釈明が更なる食い違いを生む事態となっている。17日の衆院予算委の主なやりとりを振り返る。

■ヤジ問題で首相 「不適切な発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く