[PR]

 韓国政府は18日、新型コロナウイルスの感染拡大が続くクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号にいる自国民のため、同日午後に小型の大統領専用機を羽田空港に派遣すると発表した。

 韓国保健福祉省や韓国政府関係者によると、横浜に停泊中のクルーズ船内にいる韓国人は、乗客9人と乗務員5人の計14人。多くは日本在住者だが、帰国希望者4人と日本人配偶者1人を韓国に移送するため、専用機を派遣するという。

 韓国政府は、移送の規模やクルーズ船から羽田空港までの移送方法、対応する職員の構成などについて検討中で、日本政府側とも協議している。韓国国内での感染拡大を防止するため、帰国者は一定期間、施設で隔離する方針という。(ソウル=鈴木拓也)