[PR]

 今季最も強い寒気が流れ込んだ影響で、18日午前は全国的に広い範囲で雪が降った。宮崎市では17日夜、鹿児島市では18日未明に初雪を観測。福岡県飯塚市では午前6時時点で2センチの積雪を記録した。

 長崎県諫早市小長井町の「フルーツバス停」にも18日朝、前夜からの雪が積もった。イチゴの待合所は雪をかぶり、練乳や粉砂糖をかけたようになっていた。

 気象庁によると、西日本と東日本では18日夕にかけて日本海側を中心に大雪となる所がある。九州・山口地方は大雪のおそれはなくなったが、19日午前6時までの24時間に予想される降雪量は九州南部で5センチ。20日以降は気温が上がり、平年よりも暖かい日が続くという。

金閣寺も雪化粧

【動画】雪化粧した金閣寺=依知川和大撮影

 気象庁によると、同日午前10時現在の積雪は、鳥取県大山町で81センチ、広島県北広島町で44センチ、兵庫県香美町で30センチなど。京都府舞鶴市でも6センチを観測した。

 積雪の影響で、山陽新幹線の新山口―厚狭間で速度を落として運転したほか、在来線では山陰線の米子―出雲市間で一部運休するなどした。同庁によると、19日午前6時までの24時間予想降雪量は多いところで、近畿40センチ、東海30センチ、北陸と中国25センチ、四国と九州南部5センチ。西日本では19日朝まで冷え込みが続くが、日中には寒さが緩む見込みという。