[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、橋本聖子五輪相は18日の閣議後会見で、各地で予定されている東京五輪・パラリンピックの関連行事の自粛は求めない考えを明らかにした。催し会場の入り口に、アルコール消毒液を置くなどの対応をしてもらうよう周知徹底を図るとしている。

 橋本氏は、政府の対策本部が設けた専門家会議は大勢の人が参加する催しの自粛を求めていない点を指摘。イベント参加者にせきエチケットや頻繁な手洗いを呼びかけ、五輪や関連行事に向けて「政府側としてもしっかり配慮していきたい」と述べた。

 また、3月1日の東京マラソンで一般参加枠が全面取りやめとなったことについて、昨年出走したという橋本氏は「苦渋の決断だったと思う。一般の方々の東京マラソンにかける思いや、楽しみにしている姿を目の当たりにし、今回(の取りやめは)は非常に残念に思っているだろう」と話した。