拡大する写真・図版1月30日に69歳で亡くなった藤田宜永(よしなが)さんと妻の小池真理子さん。ともに直木賞を受けた人気作家同士だった=2015年9月撮影(C)朝日新聞出版写真部

[PR]

 1月30日に作家の藤田宜永(よしなが)さんが69歳で亡くなった。妻で共に直木賞作家の小池真理子さんに文章を寄せてもらった。

夫・藤田宜永の死に寄せて 寄稿:小池真理子(作家)

 三十七年前に出会い、恋におち、互いに小説家になることを夢みて共に暮らし始めた。初めから子どもを作らない選択をし、それならば入籍の必要はない、として事実婚を続けた。互いにいくつかの文学賞を受賞し、ひとつ屋根の下に二人の作家がいる、という風変わりな生活を楽しんできた。

 世間から「おしどり夫婦」と呼ばれることも多かったが、私も彼もそのような手垢(てあか)のついた括(くく)られ方は好まなかった。私たちはよくしゃべり、正直にふるまい、派手な喧嘩(けんか)もした。そうやって小説を書き続け、気づけば年をとっていた。

 婚姻届を出したのは十一年ほど前。銀行や病院などで「藤田さん」と呼ばれることにやっと慣れてきた二〇一八年春、名だたるヘビースモーカーだった彼の肺に3・5センチの腫瘍(しゅよう)が見つかった。

 以後、亡くなるまでの一年と十…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く