拡大する写真・図版洗濯は大量の水で洗い流すため、患者の分も家族とまとめて洗って問題ない

[PR]

 新型コロナウイルスについて、政府の専門家会議は、発熱など風邪の症状があれば、まず学校や会社を休み、外出を控えるよう求めている。37・5度以上の発熱などが4日続く場合は専用の相談センターに相談するよう呼びかけるが、その間、いわゆる「自宅療養」や「自宅待機」をする場合、本人や看病する家族らは、食事や消毒など、どのようなことに気をつけるべきなのか。専門家に話を聞いた。

拡大する写真・図版大阪大学の朝野和典教授

洗濯物や食器は一緒でも大丈夫

拡大する写真・図版患者と看病する人が共用する扉の取っ手などは、使用するたびにウェットティッシュなどで拭くのがおすすめだ

 大阪大学の朝野和典教授(感染制御学)は、感染を防ぐため、せきやくしゃみ、発熱などの感染が疑われる症状が出ている人と同じ部屋で長時間会話をするなどの「濃厚接触」を避けるべきだという。「患者と看病する人はできるだけ別々の部屋で過ごし、ご飯も別々に取ってほしい」と話す。

拡大する写真・図版食事は患者と家族が別々に取った方がよいが、皿洗いは一緒にしても大丈夫だという

 患者とともに使わざるを得ない洗面所やトイレなどでは、双方が手洗いを徹底することが大事だ。ドアノブなどの必ず触れる場所は、1回ごとにアルコールを使って消毒するのが理想的だという。

 食器や洗濯物については、いつも通り、一緒に洗って大丈夫だという。多くの水で洗い流せば、食器や衣類を介して感染することはないと考えられる。

 大阪市立大学の加瀬哲男特任講…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら