[PR]

 国内で広がりつつある新型コロナウイルスによる肺炎。感染拡大を防ぐため、シーズン開幕を目前に控えたJリーグやプロ野球の各チームは予防対策を急ぎ、開幕まで半年を切った東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会も対応を検討している。

 サッカーのJリーグも対策を講じている。

 18日にサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの第2戦があったFC東京。本拠の味の素スタジアム(東京都調布市)の入り口付近や通路に、普段は置いていない消毒液を用意した。保育園に通う長男とともにマスクをして来場した塩見浩也さん(44)は「不安はあるが、試合が楽しみなので。こういう対策は続けて欲しい」と話した。

 8日に埼玉スタジアムで開かれた富士ゼロックス・スーパーカップでは、Jリーグが前日、入場ゲートやトイレに消毒液を設置するとホームページ(HP)に掲示。来場者に利用を呼びかけた。スタジアムでは感染への注意喚起のアナウンスも流した。

 21日以降、J1、J2、J3…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら