[PR]

 和歌山県は18日、県内で新たに男性3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち1人は大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で医療活動に従事した30代の男性看護師で、活動終了後に発熱した。残りの2人は院内感染が疑われる済生会有田病院(和歌山県湯浅町)で感染確認された医師の息子と、入院患者と同室だった男性。県内の感染者は計12人となった。

 30代の看護師は2月13~15日、ダイヤモンド・プリンセス号に災害派遣医療チーム(DMAT)として派遣され、診療補助などに携わった。新幹線などを使って和歌山に戻った後、16日に発熱し、17日に入院した。症状は安定しているという。

 10代男性は、14日に陽性だった済生会有田病院の医師の息子で学生。濃厚接触者として検査し、18日に陽性が判明したため入院したが、現在症状は出ていない。60代自営業男性は、13日に感染確認された有田病院の入院患者と4人部屋で同室だった。当初の検査で陰性だったが、16日から発熱し17日に再度検査し陽性となったという。

 これまでに感染が確認された9人は、済生会有田病院の男性外科医(50代)▽同僚の男性外科医(50代)とその妻(50代)▽皮膚科を受診しその後同病院に一時入院した男性(70代)▽60代の入院患者と同居の母親(80代)、妻(50代)、弟(同)▽同病院に直近の通院歴のなかった男性(50代)。全員に直近の海外への渡航歴はないという。(白木琢歩)