[PR]

 フィギュアスケートの男子シングルで次代を担うジュニアの佐藤駿(埼玉栄高)が18日、世界ジュニア選手権(3月、エストニア・タリン)に向けた練習を公開した。

 今季は12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを日本勢として史上4人目の優勝を果たした。全日本選手権もシニアに交じって5位と健闘。飛躍のシーズンを締めくくる世界ジュニアに向け、「4回転ルッツを降りたい。まだ、試合では2回しか降りたことがないので、世界ジュニアでは必ず降りたいなと思っています」と決意を明らかにした。

 同学年の鍵山優真(星槎国際高横浜)の存在が、大きな励みだ。リンクの上では技術を競い合うライバルで、リンクを降りると好きなお菓子やゲームの話に興じる友人同士。「シニアの舞台で緊張もせずに落ち着いて、あれだけの演技をするのはとてもすごい。自分も精神面を強くできたらなと思っています」と、四大陸選手権で3位に入った鍵山の演技をたたえると同時に、刺激も受ける。

拡大する写真・図版世界ジュニア選手権に向けた練習を公開した佐藤駿

 ジュニアGPファイナルでは同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら