[PR]

 小泉進次郎環境相が18日の衆院予算委員会で、16日に開かれた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、地元で後援会の新年会に出席したのではないかと野党議員にただされた。小泉氏は「ご指摘があった通り」と新年会に出ていたと認めるような答弁をしつつも、自ら「新年会に出席した」と説明することは避け続けた。

 共産党の宮本徹氏の質問に対し、小泉氏は、環境政務官が本部会議に代理出席していたと繰り返し説明。5分余りのやり取りの中で、小泉氏は「危機管理は万全」との趣旨のフレーズを6回連呼し、宮本氏の質問に正面から答えず、最後まで「新年会」の言葉は使わなかった。

     ◇

 小泉氏と宮本氏の主なやり取りは次の通り。

 宮本氏 16日の新型コロナウイルスの対策本部の会議、大臣全員が構成員だと思うが、小泉環境相は欠席している。インターネット上を見たら、横須賀で小泉さんの後援会の新年会が行われたという情報が出ている。升を持って、乾杯して。小泉大臣は、新型コロナウイルス対策よりも後援会行事を優先されたとこういうことか。

 小泉氏 新型コロナの対策本部は環境省の本部、政府の本部がある。今、ご指摘の点は政府の対策本部のことだが、計10回開催をされており、1回目から9回目まで私が出席し、第10回は八木(哲也)政務官に代理として対応を任せた。政府として危機管理上、踏まえるべきルールにのっとった対応だ。副大臣や政務官などと情報の共有などしっかりしており、危機管理は万全であります。

 宮本氏 反省の弁も何もないんですけれども、この時間帯は地元で何をやられたんですか。

 小泉氏 宮本議員からご指摘が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら