[PR]

 日本ブランドのトップ3はいずれも自動車メーカーで、IT企業は上位10社に一つもない――。ブランディング会社世界大手のインターブランドが18日に発表したランキングで、こんな結果が出た。日本ブランド全体の価値の成長率は前年比0・9%増にとどまり、世界のブランドが同5・6%伸びるなか、成長の鈍さが目立った。

 同社の「ベストジャパンブランド2020」によると、1位はトヨタ自動車。ブランド価値を金額に換算すると562億ドル(6兆1800億円)で、2位のホンダに倍近い差をつけた。トヨタはインターブランドが調査を始めてから、12年連続で首位だった。3位は日産自動車が入った。

 インターブランドが昨年10月に発表した世界のランキング「ベストグローバルブランド2019」では、1位アップル、2位グーグル、3位アマゾンとIT大手が独占。08年はコカ・コーラ、IBM、マイクロソフトが上位3社だったが、勢いのあるIT企業に顔ぶれが入れ替わった。

 インターブランドジャパンの並…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら