[PR]

 湖北省武漢市の衛生健康委員会は18日、同市武昌病院の劉智明院長(51)が新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったと発表した。武昌病院は新型肺炎患者の受け入れ機関として最初に指定された病院の一つ。中国メディアの報道によると、劉氏は1月下旬に発熱などの症状が現れ、治療を続けていたという。

 中国では医師や看護師ら医療従事者の感染が問題化している。中国政府は、12日までに1716人の医療従事者が感染したことを発表したが、中国疾病予防コントロールセンターは17日、疑い例なども含めると計3019人に上ることを明らかにした。世界保健機関(WHO)によると、2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者8096人のうち、約2割を医療従事者が占める。

 武漢では感染の拡大にいち早く警鐘を鳴らした李文亮医師が7日に死去した際、ネット上で政府批判が噴出した。武漢市当局が劉氏の死去を発表し、「深い哀悼の意」を表明したのも、世論対策の一環と言えそうだ。(北京=冨名腰隆)