[PR]

 指定暴力団工藤会(北九州市)の「上納金」をめぐる脱税事件で、所得税法違反の罪に問われた工藤会トップで総裁の野村悟被告(73)が、懲役3年・罰金8千万円とした一審判決を支持し、控訴を棄却した福岡高裁判決を不服として最高裁に上告した。14日付。

 工藤会の「金庫番」として共謀を認定され、懲役2年6カ月の一審判決が支持された工藤会幹部の山中政吉被告(69)も、16日付で上告した。