[PR]

 福岡県警折尾署は17日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福岡県水巻町の配管工の男(32)を逮捕した。逮捕のきっかけは、男が勤める会社の社長(33)がこの日の朝、男を署に連れ、「飲酒運転をやめさせたい。話を聞いてください」などと訴えたことだった。

 発表によると、男は17日午前7時10分ごろ、酒気を帯びた状態で同県芦屋町で軽乗用車を運転した疑いがある。男の呼気からは、基準を上回る1リットルあたり0・27ミリグラムのアルコールが検出された。男は「家でビールを5、6缶飲んだ」と話したという。

 同署によると、社長は男が運転…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら