[PR]

 加工食品のオーナーを募るなどして多額の出資を集めた通信販売会社「ケフィア事業振興会」(本社・東京都千代田区、破産)の元代表ら男女9人について、警視庁は18日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕し、発表した。元幹部らの証言からは、元代表の主導でなりふり構わず資金調達に突き進んでいた実態が浮かぶ。

 生活経済課によると、元代表の鏑木(かぶらき)秀彌容疑者(84)=東京都葛飾区=らは2017年4月~18年6月、干し柿や干し芋の「オーナー」などとうたい、千葉県の男性ら50~80代の不特定の19人から事業として計約1億8千万円を違法に預かった疑いがある。

 同社は00年3月以降、元本保証と最大15%の年利を示し、全国の約4万4千人から計約2200億円を集金。負債総額は約1300億円、債権者は3万人以上に上る。同庁は、調達した資金を別の配当の支払いに回す自転車操業に陥っていたとみて解明を進める。

「ワンマンで、みんな言いなり」

 加工食品のオーナーを募るなどして違法に多額の出資を集めたとして、警視庁に出資法違反容疑で元代表鏑木(かぶらき)秀彌容疑者(84)ら9人が逮捕された、通信販売会社「ケフィア事業振興会」(本社・東京都千代田区、破産)。

 「ワンマンで、みんな言いなりだった」。ケフィア事業振興会の資金調達について、元幹部らは鏑木容疑者の一存で決まっていたと口をそろえる。

 1985年、前身の法人が手が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら