【動画】ライフスタイルの異なるアオサギが徳山動物園で暮らしている=三沢敦撮影
[PR]

 ライフスタイルの異なるアオサギが徳山動物園(山口県周南市)で暮らしている。飼育と野生、それぞれに喜びや苦労があるようだ。

 鳥類ケージで飼育されているアオサギは1羽。11種類の鳥や2種類のカメと一緒に穏やかな日々を過ごしている。おしゃれなクジャク、背の高いカンムリヅル――。ユニークな友だちがたくさんいるし、空腹に悩むことも、外敵に狙われることもない。でも、ケージの中はちょっと窮屈。大空を自由に飛べたらなあ。木の上に陣取り、網の外に広がる世界を見つめている。

 広い園内には野生のアオサギがペアで暮らす。どこからともなくやってきて、勝手にすみ着いたらしい。ゾウ舎近くの高い木の上にせっせと巣をつくり、「恋の季節」を迎えている。

 大きな翼で空を舞い、園内外を行き来する。ペンギンの餌を横取りしたり、池を泳ぐ魚を捕まえたりしているが、「空振り」も少なくない。雨に打たれ、ひたすらチャンスを待ち続ける日もある。(三沢敦)