[PR]

 「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐる問題で、会場となったホテルに国会答弁が否定された安倍晋三首相は、さらに苦しい立場に追い込まれた。政治資金規正法違反などの可能性を指摘されてきた部分で、攻勢にさらされることになったからだ。与党内でも危機感が高まっている。

 18日午前の衆院予算委員会は、冒頭から主要野党が欠席したまま、与党側だけで議事を進める不正常な形で始まった。立憲民主党など野党4党はこの日午前、国対委員長会談を開き、ホテル側から首相が書面で回答を得ない限り、審議に応じないことを確認した。

 野党が強い抵抗手段に出たのは、首相の国会答弁に疑義が生じたためだ。

 立憲の辻元清美氏らは17日の衆院予算委で、「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐり、会場となったホテルと首相の説明の食い違いを追及。この質疑の際の首相の反論の一部について、ホテルが朝日新聞などの取材に対し否定したのだ。

 立憲の安住淳国対委員長は18…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら