[PR]

 木村一基王位(46)への挑戦権を争う将棋の第61期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定リーグ戦は18日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、藤井聡太七段(17)が羽生善治九段(49)に113手で勝ち、リーグ初戦を白星で飾った。藤井七段は「白星でスタートできたのはよかったと思いますが、まだまだこれから続くので、しっかり気を引き締めてやっていければと思います」と話した。

 同リーグは、シードの4人を含む計12人が紅白2組に分かれて各自5戦し、優勝者同士で挑戦者決定戦を行う。藤井七段は予選で4連勝して初めてリーグ入りした。羽生九段には、一昨年の第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝、昨年の王将戦挑戦者決定リーグ戦に続いて3連勝となった。この結果については「まだ対戦自体が多いわけではないので、自分が勝ち上がることで対戦を増やしていければと思っています」と述べた。

 タイトル獲得通算100期をめざす羽生九段は黒星発進となった。羽生九段は「また次から新たな気持ちで臨みたいと思います」と言った。(村上耕司)