拡大する写真・図版押収された偽の警察手帳=2020年2月18日午後8時11分、愛知県警豊田署、小山裕一撮影

[PR]

 警察官になりすますため、警察手帳を偽造したとして愛知県警は18日、名古屋市天白区の自称高校生の少年(17)を公記号偽造容疑で逮捕し、発表した。「警察官のふりをしてだますために作った」と容疑を認めているという。県警は特殊詐欺に悪用する目的だったとみて調べている。

 豊田署によると、少年は18日、他の者と共謀し、愛知県豊田市内の店舗にあるマルチコピー機を使って警察手帳の画像データを印刷し、偽造した疑いがある。

 偽造された警察手帳には、氏名と少年とみられる顔写真が印刷され、パスケースに入っていた。階級は「巡査」とある一方、英語で上位階級の「警視」(Superintendent)が併記されるなどの不自然な点もあった。本物の警察手帳とは色合いなどが異なるという。

 18日午前、豊田市内の住民から特殊詐欺をうかがわせる電話があったと豊田署に通報があり、駆け付けた署員が近くで少年を発見。偽造した警察手帳を所持していたという。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く