[PR]

 学校法人森友学園の補助金不正事件で、大阪地裁は19日、詐欺罪などに問われた学園前理事長の籠池泰典被告(67)に懲役5年、妻諄子(じゅんこ)被告(63)に懲役3年執行猶予5年(いずれも求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

 籠池被告夫妻の補助金詐取事件は一審判決を迎えたが、事件の舞台となった森友学園をめぐる不透明な国有地取引の真相はかすんだままだ。

 国有地取引では、小学校設立を目指した学園に対し、大阪府豊中市の国有地が鑑定価格から8億円超を値引いた1億3400万円で売却された。安倍晋三首相の妻昭恵氏が名誉校長に一時就任していたことや、国有地前で被告夫妻と昭恵氏の3人を撮影した写真の存在が明らかになり、値引きの背景に首相夫妻の影響があったとみた野党は国会で安倍首相を追及。安倍首相は「(問題に)私や妻が関係していれば議員をやめる」と答弁した。

 値引きの名目は「地中深くにあ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら